住宅ローン借り換えおすすめ銀行ナビ.com【借り換えると住宅ローン控除はなくなるの?】

借り換えると住宅ローン控除はなくなるの?

住宅ローン控除とは、住宅を購入する際に住宅ローンを利用した人に対して、所得税が軽減されるというものです。

住宅ローンの借り換えを行うと、場合によってはこの住宅ローン控除を受けられなくなる場合もあります。

そのため借り換えの際には、自分がその条件に該当するのかどうか確認しておく必要があります。

住宅ローン控除では、住宅ローンの返済期間が10年以上であることが条件として付けられています。

その場合に適用され、所得税が軽減されます。

新規借入時にはこうした条件は満たしているものですが、借り換えを行うことで返済期間が繰り上げられた場合などに、条件を満たせなくなることがあります。

住宅ローンの借り換えでは支払総額を減額させることが目的であるため、繰り上げ返済になることはよくあります。

借り換えた場合でも、返済期間が10年以上あるかどうか確認してから契約するようにしてください。

さらに借り換えに利用した住宅ローンが、購入時に契約したローンの返済のためのものであることも必須条件です。

こうした条件を満たした上でもう一つ注意しておきたいのが、借り換え後の借入金額が以前の住宅ローンの残高よりも多い場合です。

この場合には住宅ローン控除の対象額が変わってくるため、あらためて算定しなおさないといけません。