住宅ローン借り換えおすすめ銀行ナビ.com【住宅ローン借り換えの注意点】

住宅ローン借り換えの注意点

住宅ローンは借り換えることで多くのメリットを得られるのですが、逆に失敗して返済総額が増えてしまうこともあります。


そうならないためにもまずは、借り換えることで本当に返済総額が少なくなるのか見極めるようにしましょう。

具体的には金融機関などが提供するシミュレーション機能を活用し、現在の住宅ローンと借り換えを検討しているローンについて支払いや残高、金利などを入力して試算します。

さらに手続きに必要な手数料なども忘れずに加算して、間違いなく返済総額が少なくなるのか確認します。

金利の変化なども試算しておかないと支払総額の増加にもつながるため、変動金利型を利用する人は確認しておきましょう。

不安な方は金融機関のサポートなどに連絡して、細かい点について尋ねておくと失敗を減らせます。


住宅ローンの借り換え時には、新たに審査が行われることになります。

これについても人によっては審査が通らないといったこともあるので、注意が必要です。

例えばマイホーム購入時から何度も仕事が変わっている場合などは、審査に影響してきます。

借り換え後に違う仕事へ転職する人や、収入が減少しそうな人も同様です。

現在の年齢も影響してくるので、借り換えを考えているなら早めに行うといった点にも注意してください。